フォト

元スマッチの方々

住まいのニュース

2010年12月 7日 (火)

「住宅、買うか借りるか」

今日の日経新聞夕刊の記事が面白かったです。次の質問、どちらに共感しますか?

1. 自宅は住宅ローン完済後は資産になるので、買う方が合理的だ
2. 自宅は地価が下がり続ければ負債になるので、買わずに借りる方が合理的だ

日経生活モニター約1300人の答えは以下の通りです。

1に共感 34%
どちらかと言えば1に共感 45%
どちらかと言えば2に共感 16%
2に共感 5%

記事では1に共感した人を「購入派」、2に共感した人を「賃貸派」と読んでいます。マンションを購入した私ですが、この2つの選択肢なら「どちらかと言えば2に共感」になるかなあ。「合理的」でなくても、「それでも買いたい!」というのはあると思うので。記事によると「賃貸派はこれから住宅購入を考える若い世代ほど多く、30代以下では29%が『賃貸の方が合理的』と答えた」そうです。

こういう記事って、出てくる専門家で持っていきたい方向が見えますよね。今回はファイナンシャルプランナーの紀平正幸さん。最近「賃貸住宅の方が持ち家より30年で2000万円トク」という記事を読んだばかりですcoldsweats01
さすがに新聞ではここまで賃貸寄りの内容ではなく、紀平さんは「若い時は賃貸でお金をため、退職時に中古住宅を現金で購入して老後の住まいを確保するのも一案」とまとめていらっしゃいました。

これから始まる賃貸生活、家賃もお手頃だし、そちらで快適に暮らせたら一番なんですけどねー。どうなりますことやら。

2010年10月26日 (火)

10月19日の日経産業新聞より

久しぶりに日経産業新聞より、気になった記事の紹介。

家事玄人(カジクラウド)」」

「日本初の家事代行サービスの店頭商品」だそうです。私は見たことないのですが、販売店舗を見ると近所のドラッグストアでも販売しているみたいですね。

ぽわぽわ保管衣類クリーニングパックは、衣類15点分のクリーニング+最長9か月保管してもらえるサービスで、12,600円。以前にドレスファイルというサービスをブログで取り上げましたが、さらにリーズナブル!オフシーズンのもの、とくに冬物の収納ってかさばりますので、15点を外に出せたら大きいですよね。

マンション施工会社にランク

自分がマンションを購入するときにはデベロッパー重視で、施工会社までは気にしていませんでした。私のマンションの施工会社はランキングには入っていませんsweat01
まあ満足しているからいいかcoldsweats01

2010年8月14日 (土)

気になる物件(日経産業新聞より)

しばらく出張に行っていた上司が、どーんと日経産業新聞をくださいました。スマッチ!ブログなので、新聞の記事から気になった新築マンション物件情報を紹介します。

まずは2010年7月23日の、「マンション、子育てに的」という記事より。

グランシンフォニア(埼玉県)

  • 夜9時まで子供を預かる保育園を誘致。
  • 病児保育にも対応できるシッターサービス導入予定。
  • 共用部に布団を丸洗いできる選択乾燥機設置。
  • イオンのネットスーパーで、夜間や土曜日午前にも配達してもらえる。
  • 小さな子供のため、照明スイッチは床から1メートルの高さ。
  • 「女性が働くことをあきらめずにすむ住まいを作りたい」

クレヴィア京王堀之内パークナードⅡ(東京都)

  • 1階に診療所モール・調剤薬局。
  • 2階に認可保育所。
  • 病気にかかった子供は1階の医院で病児保育を受けられる。

このような物件は「新たに保育所を開設する場所の確保に苦慮し、新築マンションを格好の拠点とみる」自治体の思惑とも一致しているそうです。もし自分に子供ができたらこんなマンションはとっても助かりますが、こういう充実したマンションが建つのってやっぱり都会ですよねえ。羨ましい!

もうひとつ、2010年7月27日の「目利きが斬る」というコラムより。

THE ROPPONGI TOKYO CLUB RESIDENCE(東京都)

  • 専門スタッフがバレーパーキング、ポーターサービス、ルームサービス、ハウスキーピングなど24時間対応のホテルのようなサービスをする。
  • 一流のプロと提携し、フラワーアレンジメント、スパ&ネイル、スタイリスト&メーク、フードコーディネート、ブックセレクトなどのサービスを住戸内部で提供する。

これぞ真の「ホテルライク」!最上層39階にある7戸のプレミアム住戸(価格2億6800万~4億8000万)にはすべて申し込みがあったそうです。4億8000万って私のマンションなら22戸弱購入できる値段ですよ。私ならモデルルームの見学だけでも門前払いされそうcoldsweats01
それも「セカンドハウス的な使い方になる人が多い」のだとかcoldsweats02
う~ん、お金があるところにはあるものなんですねえ。

2010年8月10日 (火)

3S活動

昨日、日経新聞夕刊の関西ローカルのページに「整理・整頓『決めたら守る』」という特集がありました。「整理」「整頓」「清掃」の3S活動についての記事です。紹介されていたのは大阪の山田製作所共進技研・晴見台幼稚園。記事では、3S活動のコツとして、以下の3点を挙げていました。

  1. 道具の置き場所 固定して探す時間カット
  2. 一定期間使わなかったら処分のルールも
  3. 「机の上は今必要な物だけにして集中

1つ目のコツ、道具の置き場所は「形跡管理」という方法で固定していきます。たとえば「ドリルやハンマーなどの工具類で共有の物は壁際のパネルに掛けるが、パネルにはそれぞれの工具の形状を描いてある」「ホチキスや定規などの文房具の形を抜いたウレタンスポンジを中に敷く」などです。記事と同じ会社ではありませんが、枚岡合金工具という会社の工具掛け机の引き出しの写真が参考になります。

この机の引き出しの管理方法、以前に見たことがあります!ももせいずみさんが「片付け脳養成ギブスで脳力を伸ばせ!」という記事で紹介されていました。そのときは正直『ここまでするか』と思ったのですが、実は有名な方法だったのですね。そして断捨離しているいまの私には、これがものを増やさずに使いきる、画期的な方法だということがよお~く分かります。我が家のダイニングの引き出しも、この方法で整理したくなりました!

2つ目のコツ、「一定期間」は、山田製作所の場合6カ月使っていないものは処分するのだそうです。短い!個人宅だとシーズン物があるので6か月という訳にはいきませんが、もうちょっと厳しい目で断捨離しなきゃなあ、と思わされました。

山田製作所の社長は「生産性は以前の1.5倍。業務の効率化だけでなく、社員の意識改革も進んだ」とおっしゃっています。3S活動、家でも職場でもぜひ取り入れていきたいですね。

2010年6月18日 (金)

6月16日の日経産業新聞より

「マンションに契約農園」
アスコットパーク日本橋小伝馬町では「アスコットオーナーズファーム」という提携農場が借りられるそうです。ちょうど今日まるこさんが「屋上に菜園があったら」と書かれていたので、結構ニーズがあるかもしれませんね。同じような価値観の方が集まって、ご近所づきあいも楽しそうです。「4年目からの農場経営はマンション内に設立する予定のサークルが引き継ぐ」というのが、ちょっと大変そうな気もしますが。

ミサワインター、『カフェ』のような戸建て住宅
ミサワインターナショナルの「みんなの家(←音が鳴ります)」。私がビックリしたのが「子ども部屋以外に15カ所を勉強の場と想定」という部分です。陰山さんの影響か「リビングで勉強」はスタンダードになりつつある気がしますが、15カ所ってねえ……。

2010年6月11日 (金)

6月4日の日経産業新聞より

気になった記事2つ。

1つ目は、家族団らんを意識した注文住宅の新商品が増えています、という記事(見出しをメモするのを忘れていました。すみませんsweat01)。

エス・バイ・エル「家族謳歌
吹き抜けやリビングの畳スペースで家族団らんを演出。 30代の子育て世代でも手が届くようコストを抑える。
パナホーム「エルソラーナ
子供の成長に合わせて間取りを変更しやすく。 手の届きやすい価格帯。
大和ハウス「HAPPY HUGモデルⅡ
ベネッセと共同で、育児雑誌の読者アンケートをもとに開発。 家の中心に畳敷きの吹き抜け広間。土間や縁側。

自分で土地を買って、理想の注文住宅を建てる、って究極の贅沢ですよね~。これだけいろんなメーカーが様々な商品を出しているってことは、需要があるところにはあるんでしょうね。羨ましいですcatface

もうひとつは、あのスーパーホテルの関連会社であるシティー・エステートの、「低価格老人ホームを12年度メドに30施設に」という記事。「入居金は一律30万円、食費を含めた施設利用料は月15万円弱が中心」だそうです。職員の待遇はそれで大丈夫なの???という気もしますが、各施設のブログを見ると何やら楽しそう。低価格老人ホームがビジネスモデルとして成功して、こんな施設がもっともっと日本中に増えてくれるといいですね。

2010年6月 2日 (水)

エコマンション

今日は不動産屋さんに電話してみようと、彼氏に現在のにおいの状況をメールで尋ねてみたら「ほのかにアロマがするくらいです」とのこと。アロマってcoldsweats01
天気がいいからにおいがマシなのかなあ?そしてメールの続きは「水曜は不動産屋休みだったような気がします」。そう言えばその通りでした。電話はまた明日ですね。

今日も気になった日経産業新聞の記事を紹介。5月26日にエコマンションが紹介されていました。

ライオンズたまプラーザ美しが丘テラス
太陽光で各戸の使用電力を約2割(電気代に換算すると年約21,000円分)を賄える。
プラウド新浦安パームコート
敷地内に小型風力発電機3基を設置。共用部の電力を供給。
パークシティ柏の葉キャンパス二番街
家庭での二酸化炭素排出削減量に応じて、近隣商業施設「ららぽーと柏の葉」で使えるポイントが発行される。

今日の日経朝刊には「太陽光発電 新築の過半に」という記事もあり、太陽光発電は一般家庭に普及してきたようですね。上記3つのマンションのうち、心配になったのは風力発電。低周波による健康被害が話題となっていますが、大丈夫なんでしょうか……。

2010年5月20日 (木)

日経産業新聞より

気になった記事の紹介。

<5月10日の新聞より>

水を流さない男性用無水小便器「ウォーターフリー」
エコでコストも削減できるトイレ。「1日の使用回数が鉄道施設内容に多い300回程度なら、 数年で導入費を回収可能」なのだそうです。

<5月14日の新聞より>

マンション向け・管理人いらずの電気自動車充電システム「F-charge」
気になるお値段は「充電器1台40万」と、「充電器の保守費用3000円/月」「利用状況チェックサービス6000円/月」 「充電完了を知らせるメールサービス5200円/月」 (マンション1棟あたりの値段)。わりと現実的な気がします。マンションでのカーシェアリングが普及すると便利そうですね。

千葉のマンション供給過剰の恐れ
ちなみに埼玉のマンションも供給過剰なのだそうです。購入を検討している方にはチャンスかも。

<5月17日の新聞より>
元ライブドア社長の平松庚三氏の「仕事人秘録」(平松さんの会社のWebサイトでPDFが読めます)。ウォークマン発売当初、アメリカで「サウンドアバウト」、イギリスで「ストーアウェイ」と命名して売り出したところ、盛田会長の逆鱗に触れたそうです。「なぜウォークマンという商品名でないといけないのですか」と聞かれた盛田会長の答えは「ウォークマンは英語でも日本語でもない。ソニー語だ。いつか、あのウェブスター大辞典に掲載される日がきっと来る」。かっこいいーlovely
そしてその約10年後、盛田会長の予言通りとなったそうです。

2010年5月 7日 (金)

日経産業新聞が面白い

自分とは関係ないと思っていた日経産業新聞(←残念ながら今は更新されていません)ですが、上司が自分の読み終えた分を私に回してくれるようになりました。これが予想以上に面白い!新製品情報やら技術的な話やら、私にも理解できる楽しい記事がたくさん載っています。

今日の日経産業新聞「新製品」のコーナーで気になった商品を2つ紹介します。

香りでごまかさない本当の消臭
この直球すぎるネーミング(笑)。名前に負けない実験結果と、2年間効果が持続する点に興味津々です。うちのにおいにも効果あるかな……。

BRAVIAのモノリシックデザイン
モノリシックってなんやねん!というのがSONYぽい(笑)。「一枚板の」ということらしいです。SONY製品をそれほど持っているわけではありませんが、「SONY=かっこいい」という時代に子供だった世代として、心の中では応援しています。こういうちょっと変わったものを作り続けてほしいものです。

2010年2月18日 (木)

欲しい設備

もうひとつ、昨日suumoで公開された記事に、「賃貸のお部屋『絶対欲しい設備』『なくてもいい設備』ランキング」というのがありました。皆さんなら何を挙げられますか?「絶対欲しい設備」1位は「エアコン」、2位は「バス・トイレ別」、3位は「クローゼット」なのだそうです。「バス・トイレ別」が2位はちょっと意外でした。結構贅沢なんですね。

欲しい設備について、「地デジ対応済み」は男性5位、女性10位だそうです。TVコマーシャルでも「地デジ対応済み物件を見つけよう!」というようなことを言っていますが、それほど地デジに対応している賃貸って少ないものなんでしょうか?来年の7月の地デジ完全移行が心配になってきます。

この中で私が必須と感じるのは「クローゼット」「バルコニー」「ガスコンロのキッチン」かな。あと贅沢を言えば「エアコン」「マンション」「宅配ボックス」あたりが挙がります。ここに載っていない条件では、「リビングのガス栓」。次に済むところでもガスファンヒーターを使えると嬉しいのですが、賃貸だと無理だろうな……。

ここで挙がっている設備は、私の住んでいるマンションにほぼ揃っています。分譲マンションに住むって贅沢な幸せですねcatface

より以前の記事一覧