フォト

元スマッチの方々

住まい以外の本・テレビ

2011年8月25日 (木)

「もしもの時に役立つノート」

産休で時間ができたので、コクヨの「もしもの時に役立つノート」を購入しました。コクヨの商品紹介ページはこちら

きっかけは「エンディングノート」という映画の紹介を読んだことです。予告編だけで泣けるよなあ。そう言えば、職場の先輩(独女)が「エンディングノートを3冊取り寄せて、両親と一緒に書いているのよ」と教えてくれたことを思い出しました。

出産で死ぬことは今の日本では稀だろうけどないことではないし、たとえば「私の加入してる医療保険って帝王切開のとき給付金出るっけ?」なんてことは私もよく把握していません。こういうことをまとめておくのは赤ちゃんが生まれてからだと時間がないでしょうから、今が一番のチャンスかなと思い、購入しました。

無料でダウンロードできるようなところもありますが、項目が多くて挫折しそうsweat01
その点、コクヨのノートはさすがベストセラーだけあって、うまくまとめているなーと感心します。私は手書きは面倒なので、このノートをもとにデジタルでエンディングノートを作るつもりです。書き直しや書き足しもしやすいですしね。

今日から1項目ずつ、埋めていこうっとcatface

2011年6月18日 (土)

「お願い!ランキングGOLD」

もともとテレビはNHKニュース以外見ることはあまりなかったのですが、夫と付き合い始めて、ちょこちょことバラエティーも見るようになっています。毎週見ているのは「さんま御殿」「ぐるぐるナインティナイン」と、「お願い!ランキングGOLD」。

一番楽しみなコーナーは「美食アカデミーが決める!人気商品の本当においしい順ランキング」で、今日はサイゼリアがとりあげられていました。順位はこちら。実はサイゼリアってまだ行ったことありませんが、おいしそうでとっても安いメニューがあるんですね。

番組を見た後にサイゼリアのWebサイトを見ようとしたら重い……。みんな考えることは同じなんだなcoldsweats01
夫が前に「カプレーゼ食べてみたい」と言っていましたが、サイゼリアではそれらしきメニューが(フレッシュチーズとトマトのサラダという名前で)299円で食べられます。すごいなー。また今度行ってみよう。

2011年6月 9日 (木)

「医学が認めた!食欲をコントロールできる技」

昨日のためしてガッテン、「医学が認めた!食欲をコントロールできる技」がとっても面白かったですhappy01

まず「人はなぜ食べ過ぎてしまうの?」というのに納得。余分にサツマイモを与えられても食べなかった猿が、ものすごい勢いで4倍の量を食べてしまったのはなぜか?その理由は「サツマイモにバターとハチミツを加えた」からでした。これものすごく分かる!!!脂分と糖分って人を狂わせる組み合わせですよね~。お菓子を手作りすると、「バターと砂糖の塊???」ってくらいの分量に驚きますが、それがまたおいしいんですdelicious

脳の働きを色で表す映像で、おいしいゼリーを食べた人の脳がいっきに赤色から緑色になった(=活動低下した)のも、あるあるっ!という感じ。「ひとくちだけ」と思って食べてみたらとまらなくなって、後で激しく後悔……という経験何度もありますが、あれは脳の働きが低下したせいだったのかdespair

その解決策は「よく噛む」ということ。よく噛めば血糖値が上がって満腹感が生まれていい、と今までもよく聞いてきましたが、噛むという行為自体が満腹中枢を刺激するのだそうです。具体的方法としては、「ひとくちにつき30回きっちり噛んでから 飲み込む」。さっそく今日からやっていますが、30回ちょうどというのは思った以上に難しいです。けどたしかに満腹感はUpしているかも。日々の心がけ次第でできることなので、続けてみようと思いますcatface

2011年4月 3日 (日)

「LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。」

LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。 (ほぼ日ブックス #)
飯島 奈美 糸井 重里 ほぼ日刊イトイ新聞
4902516276

LIFE2 なんでもない日、おめでとう!のごはん。 (ほぼ日ブックス #)
飯島 奈美 糸井 重里 ほぼ日刊イトイ新聞
4902516314

LIFE3 なんでもない日、おめでとう!のごはん。
飯島 奈美 糸井 重里 ほぼ日刊イトイ新聞
4902516403

いとこのお姉さんが、結婚祝いに3冊セットで贈ってくれました。掲載されている料理のおいしそうなこと!見ているだけで幸せ~。「ほぼ日」で料理の完成写真が見られますし(「LIFE」「LIFE2」「LIFE3」)、レシピの一部はプリントアウトも可能です。

この本、存在は知っていましたが、自分で買うにはちょっと敷居が高いと思っていました。Amazonのレビューを読むと「おいしいけど手間がかかる」という意見が結構あったので。でも「肉野菜炒め」や「牛丼」など自分でもすぐに作って見られそうなレシピもあるし、ちょっと手間がかかりそうな料理も、あまりにおいしそうなので「頑張って作ってみようかな?」と思わせられます。

お料理初心者でも、できる人でも、読んで楽しめる本です。そういう意味では「結婚」とか「一人立ち記念」とかのプレゼントにもぴったり。贈ってくれたいとこのお姉さんに感謝ですhappy01

2011年3月 4日 (金)

「結婚したら、やっておくべきお金のこと」

図書館で借りたお金の本、もう1冊はこちら。

結婚したら、やっておくべきお金のこと

中村 芳子
4478007454

結婚後のお金について、具体的な数字や商品が紹介されていて、とても分かりやすかったです。たとえば「手取り月収に占める正常な割合」は以下の通り。

家賃 25%以内
生命保険 5%程度
車費 5%以内
食費 15%以内
通信費 5%
こづかい(共働き) 20%以内
こづかい(片働き) 10%以内
(扶養されている人は5%以内)

ちなみに家に関しては、「住まいは暮らしの大切な一部。お金の損得だけでは決められない」とのこと。中村さんに私も賛成!「頭金は絶対に20%準備」など、堅実な買い方がお勧めされていて、信頼できます。

子どもにかかるお金について、知ることができたのも良かったです。中村さんのお勧めは「なるべく子どもにお金をかけない」。その理由は「お金をかけるほど見返りがほしくなる」からだそうです。なるほど(笑)。中村さんのお母様は「健康ならいいと思っていた」そうで、それくらい大きな気持ちで子育てできるといいなと感じました。

教育費は「子どもが18歳までに大学費用の半分を貯める」を目標に。中学高校の学費はその年の収入で、同じく大学費用の残り半分も親の収入や子どものアルバイト代でまかなえばいい、ということです。大学4年間にかかる費用は、国公立の自宅通学なら500万、私立理系(医科歯科を除く)の自宅外通学なら1200万円。私は600万円を目標に、子ども手当+月1万円を積み立てることを目標にしよう。

2011年3月 1日 (火)

「たりないお金」

たりないお金―20代、30代のための人生設計入門
竹川 美奈子
4478009147

図書館で「ひよこクラブ」を借りようとしましたが、あまりのボリュームにくじけ、お金の本を2冊借りてきました。そのうちの1冊です。これを読んでたら「お金、足りてるやん!」と夫にツッコまれました(笑)。

この本に最初に出てくるのが、首都圏在住のAさん(年収は税込みで510万)と、地方都市在住のBさん(年収430万)。このおふたりが、とくにムダ使いした訳でもないのに、将来的には破綻する!という衝撃のシミュレーションから始まります。

どうすれば破綻しないかと言うと、「住宅を購入しない」「車を持たない」「保険はなるべく入らない」「浮いたお金を運用する」ということだそうです。「住宅を購入しない」はスマッチ的にはNGでしょうがcoldsweats01
わりと家計立て直し系の本では常識となりつつあるようです。新築でなく、ローン+ランニングコストで賃貸とトントンくらいの中古を購入する、というのはもうちょっと推奨されてもいいような気もします。

運用でお勧めされていたのが、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド。少し見てみましたが、たしかに楽に積み立てられそうです。生活費6か月分の非常用資金が貯まったあかつきには、こちらで積み立てしてみようかなあ(この本では貯蓄と投資を半分程度ずつ、という割合がお勧めされています)。

どういう保険に入ったらいいか、老後に資産をどうすればいいか、など具体的に説明してあって、初心者にも読みやすく理解できました。お金についてまず何か読んでみようって方にはお勧めの本です。

2010年12月 9日 (木)

「1日が見えてラクになる!時間整理術!」

1日が見えて ラクになる! 時間整理術!
池田暁子
4840135037

池田さん、最近入籍されたそうです。おめでとうございます♪温厚な旦那様のようで、池田さんが「話しかけないでっ!私忙しいんだからっ!!!」などとキレてもケンカになってません(笑)。

池田さんのようにフリーで働いている方って尊敬します。私なら池田さん以上にダラダラしてしまうかも(汗)。

今回のポイントはたったひとつ、「用事をまとめる」。たとえば池田さんの「朝セット」は「起きる→トイレに行く→ゴミを出す→体重を測ってメモ→シャワーをあびる→朝食用のお米を水につける→新聞に目を通す」です。これ、私が「脱・三日ぼうず!続かない女のための続ける技術」を読んで、「ついでに行う」を実行しているのと似ています。あれからちゃんと、私の「朝セット」(トイレ掃除と筋トレ)が続いているので、オススメの方法ですhappy01

そのほかにも小さな工夫がいろいろ紹介されていて、たとえば「何かを調べるのためにPCの電源を入れると時間をとられるので、PCにメモだけ貼っておいて、後でPCを使うときについでに検索する」とか。敷居が高いことじゃなく、私にもできそうな方法が紹介されているのが池田さんっぽいです。とにかくメモを上手に活用することが大切なのだなーと感じました。私も時間をもっと有効に使いたいですpunch

2010年11月19日 (金)

「夫婦で年収600万円をめざす! 二人で時代を生き抜くお金管理術」

夫婦で年収600万円をめざす! 二人で時代を生き抜くお金管理術
花輪 陽子
4887598165

彼氏の名誉のためにも言っておきますと、現時点で彼氏と私の年収合計は600万円を超えています。結婚しても私は仕事を続けるつもりなので、お金の心配は今のところありません。でも将来的にどちらかが働けない状況になるかもしれませんし、それ以前に結婚した後のお金に対する考え方を知りたくて、読んでみました。ちなみに夫婦で600万円という金額は、「婚活」の白河さんや、All Aboutの山崎さんも推奨されています。

今までお金に関する本は読んだことがなかったので、結婚とは関係なく参考になることがありました。

  • 元本確保を目指した資金は、定期預金(1年もの)、円のMMF、MRFを積み立てる(MRFは安全で換金性も高く、普通預金より金利が高い)。
  • 積極的に増やしていきたい資金は、「日本株式」と「先進国株式」の投資信託を1対1の配分で積み立てる(たとえば7万円積み立てるなら、5万円は貯金して、残りの1万円ずつを投資信託に)。
  • 学資保険、終身保険、個人年金保険などの貯蓄型保険はやめたほうが得策。

あとは保険についてなども参考になりました。もっと知りたい方向けには、おすすめの専門書も紹介されています。

私がやらなきゃいけないのは、彼氏とお金のルールを決めることです。花輪家のルールは8つ。

  1. 生活費は収入の割合に応じて出す。
  2. 2人で毎月7万円の積み立てをする。
  3. おたがいに自分だけの財布を持ち、そこからの買い物には口を出さない。
  4. 年間30万円以上をおたがいの自己投資にまわす。
  5. ものを増やさない。
  6. 浪費になる飲み会にはできるだけ参加せず、投資になる飲み会に参加する。
  7. 2人の将来、仕事、お金について、2か月に1度話し合う。
  8. 夫のパソコン、妻の美容についての出費には極限まで目をつぶる。

こんなにお金にしっかりしている花輪さんですが、実は銀行口座の残高が526円、カードローンが最大200万円という時期もあったそうです。現在は「金融資金だけで数千万」!人間変われるものなんですね。私もお金について、もっと勉強しなくては!

2010年11月 4日 (木)

「すごい実行力」

すごい「実行力」 (知的生きかた文庫)
石田 淳
4837976425

昨日は目標としていた行動をほぼ実行できた訳ですが、こちらの本のやり方を参考にしました。

  • 仕事はやりたくない順に片づける。
  • やるべきことは時系列で書いて、時系列で消す。
  • 周囲に宣言する。→私は一昨日にブログで宣言しました。
  • 勇気づけのメッセージを書くのも効果的。→私は「ブログで報告」と書きました。

101104

行動科学と言っても、1つ1つの方法は意外とオーソドックス。でも、それが意外と効果的なんだなあと思います。

2010年10月13日 (水)

「わたし時間のつくり方」

夢もゆとりもあきらめない わたし時間のつくり方
金子 由紀子
4757215150

「24時間を1分も無駄にしない!」というような時間術の本とは対極にあります。書かれている方法も「忙しいと言わない」など、読む人によっては「だから何?」と思われるかもしれません。Amazonのレビューを見ても評価が割れていますね。

私の感想は、レビューで「金子さんの本はいろいろ読んでますが、私はこの本が一番好きです。 」と書かれていた方に近いです。この本で実例として紹介される方たちや、金子さんの生き方が素敵だなーと思ったので。金子さんがいつも文章で伝えようとしていることが、この本にはぎゅっとつまっている感じがしました。時間の使い方を考えることは、自分が人生をどう生きるかを考えることにもつながるんですね。

ちなみに、「モノを減らす」ことについても触れられています。印象に残った文章をそのまま引用。

「モノを買うことは結婚とよく似ていて、買ったらそれで終わりではありません。始まりなのです。」
「モノを持つことで便利になるように思いますが、実は、モノを持つことで派生する手間というのはとても多く、しかも煩雑です。」