フォト

元スマッチの方々

« ノロウイルスに感染した赤ちゃんの食事 | トップページ | 靴を嫌がる息子・1歳7ヶ月 »

2013年5月23日 (木)

加熱卵黄の負荷試験

久しぶりの更新です。マンションが売れたり、息子が肺炎で入院したり、温泉旅行をしたり、いろいろあったのですが、負荷試験について記録しておきます。

食物アレルギーの血液検査は、計3回しました。小麦が2回目でクラス4から3に下がったものの、卵白6・乳4は変わらず。3回目の検査でオボムコイドを調べてくださり、これはクラス1でした。どういうことかと言うと、加熱した卵なら食べられるかも、ということらしいです。かかりつけの小児科から、大きな病院を紹介してもらい、負荷試験を受けることになりました。

食物アレルギーの負荷試験とは、血液検査で陽性となったアレルゲンを実際に食べて、本当にアレルギー症状が出るかを確認する試験です。私が試験を受けた病院では、「日帰り入院」という形でベッドをひとつあてがわれ、ベッドの上で食品を摂取しました。9時15分集合、10時から1時間程度の負荷試験、12時に昼食を食べて、14時に異常がなければ帰宅、というスケジュールです。加熱卵黄は、家から持っていかなくてはいけませんでした。

負荷試験と言えばグラム単位で、というイメージでしたが、先生が「まるごと一度に食べてもらってもいいですよ」とおっしゃるのでビックリ。先生男前!(ちなみに女性です)
息子の場合、うどんでアナフィラキシー起こす前に卵豆腐や加熱卵黄半分を食べたことがあったので、そういうことになったのだとか。さすがに今まで半分しか食べたことなかったので、半分ずつ・30分おきにしてもらいました。

結果は、まったく異常なし。クラス6でも卵を食べられる!ということに感動です。これからは週に1・2回、加熱卵黄を食べさせて、胃に消化能力をつけさせていくそうです。ちなみに、病院に持ってくるよう指導を受けたのは20分お鍋で煮たゆで卵ですが、光熱費が怖いので家ではクックパッドのレンチン目玉焼きを、長めに加熱して食べさせています。母は白身ばかりで辛いですが、これも可愛い息子のためですね。

NHKのニュースでも取り上げられていましたが、負荷試験を受けられる施設は限られています。もし負荷試験を受けていなければ、息子はずっと卵を完全除去していたことでしょう。近くに病院があることに感謝すると共に、負荷試験を受けられる施設がもっと増えてくれることを願います。

« ノロウイルスに感染した赤ちゃんの食事 | トップページ | 靴を嫌がる息子・1歳7ヶ月 »

1歳」カテゴリの記事

食物アレルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499754/51748975

この記事へのトラックバック一覧です: 加熱卵黄の負荷試験:

« ノロウイルスに感染した赤ちゃんの食事 | トップページ | 靴を嫌がる息子・1歳7ヶ月 »