フォト

元スマッチの方々

« マンションを売却します | トップページ | 加熱卵黄の負荷試験 »

2013年2月23日 (土)

ノロウイルスに感染した赤ちゃんの食事

息子がノロウイルスらしきものに感染しました(小児科には行っていないので、多分)。発症から1週間が経ち、ようやく落ち着いたところです。

吐き気がある間は絶食をなのですが、おさまった後の食事は何をあげるべきか?市の医師会からいただいた冊子には、こうありました。

下痢が激しく続いていても粥食などはあまり意味が無く、早めに普通食を開始すべきだという意見が今は主流です。

なのでそれに倣っていたのですが、5日目になっても日に6回も下痢があり、少々不安に……。ネットでは「消化の良いもの」「絶食」などという意見が多く見られました。普通食って本当に主流なのかな???

その疑問に答えをくれたのが、Yahoo知恵袋のとある回答です(「そのほかの回答」の2番目)。引用させてもらいます。

なお、近年、嘔吐下痢症後の食事療法として、「年齢に応じた制限なしの食事」が、腸の回復を早めることが報告されています。米国小児科学会をはじめとして、そのようなガイドラインを出しています。日本でも徐々にですがそのように指導する医師が増えてきました。

なるほどー、日本のお医者さんの一部が遅れているってことでしたか。不必要な絶食をさせられた赤ちゃん、可哀想です。この方の回答は、水分補給などについても勉強になるので、ぜひ一度読んでみてください。

ちなみに、5日間の下痢がひどいときに、友達が「胃腸風邪で一番効いたのがビオフェルミン」と言っていたのを思いだし、夕食後から飲ませて見ました。

赤ちゃんでも3か月から飲めます。これのお陰か分かりませんが、次の日は下痢が2回、その次の日は1回になりました。小児科に行けば無料で整腸剤をいただけるのでしょうが、私のように自宅療養を選ばれた方は試してみてもいいかもしれません。

« マンションを売却します | トップページ | 加熱卵黄の負荷試験 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499754/49606860

この記事へのトラックバック一覧です: ノロウイルスに感染した赤ちゃんの食事:

« マンションを売却します | トップページ | 加熱卵黄の負荷試験 »