フォト

元スマッチの方々

« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年9月

2012年9月22日 (土)

離乳食の参考図書

いわゆる離乳食の本は、1冊買いました。ですが私は最初から落第……。だって「離乳食を始めるのは、授乳の間隔が3時間空くようになってから」って、私は6か月になっても日に12回授乳していたんですけど!その他にもいろいろ厳格な掟があって(たとえば「この食材は裏ごししましょう」とか)、でもその通りでなくても大丈夫なことが多かったので、『一応うけたまわっておきます』くらいのスタンスで読みました。

私が離乳食をしていくうえで、参考になったのはこちら。

健康のためなら死んでもいいのか?-子育て、食事の誤解と偏見
毛利子来 幕内秀夫
4906605710

ももせいずみさんが毛利子来先生にインタビューされているのをネットで読んで面白かったので、毛利先生の最新刊として読みました。

この本を読んでビックリだったのが、(いま手元にないので正確な文言ではないのですが)「離乳食なんてしなくていい」とのこと。なんですとー!毛利先生によると、親が食べるものと同じものを与えてみて、無理そうならフォークでつぶしたり、スープでのばしたりしたらいいそうです。みんなの苦労はなんなんだ?coldsweats01
さすがに離乳食をしない勇気は出ませんでしたが、『頑張らなくていいんだなあ』とずいぶん気持ちが楽になりました。

上記の本を読んで幕内秀夫さん(「粗食のすすめ」で有名な方)の本が読みたくなり、次に読んだのがこちら。

子どもが野菜嫌いで何が悪い!
幕内 秀夫
4862381677

もくじだけ見ても、「子どものための食事は必要ない」「子どもにいろいろな味を覚えさせる必要はない」「『栄養素のバランス』を考えてはいけない」「子どもにバラエティーのある献立はいらない」などなど、勇気の出る言葉が並んでいます。この本を読んだおかげで、毎食お味噌汁のとりわけでほぼ同じようなメニューでも、自信を持ってあげることができました。

離乳食や幼児食でお悩みのお母さん達に、オススメの2冊ですhappy01

2012年9月11日 (火)

離乳食の調理道具

離乳食を開始するときに、調理道具をどうするか?と結構悩みました。そして無印の離乳食用調理セットにするぞ!とやっと決めて、購入しようとしたら売り切れ……(無印良品週間の最終日だったのです)。

結局、購入したのはこちら。

貝印 SELECT 100 ミニすり鉢 DH-3020
B0009WCIP4

ネットの口コミを見ていると、「調理セットを購入したけど、すり鉢しか使わなかった」なんて声がわりと多かったからです。本当にその通りで、私もこれで何でもすませることができました。離乳食後期になった今も、ひじきや煮干しの身をすりすりしたり、高野豆腐をつぶしたりに大活躍です。

このすり鉢で良かったのが、「もうちょっと小さくないと食べにくそうだな」とか「これくらいの大きさでも食べられるんだ」とか、息子の食べ具合でつぶし方を調整できたところです。あと、見た目が可愛いので気分が上がるところ(笑)。

逆に残念なのは、すり棒が水洗いNGなところです。お粥をつぶして水洗いしないっていうのもねえ……。私は気にせず水洗い・食器乾燥機していたので、割れ目が入ってしまいましたcoldsweats01
まあでも、またすり棒だけ買い直せばいいし(無印のすり棒とか)、離乳食が終わっても活用できそうです。

その他に、購入を悩んで見送ったもの2点↓

TESCOM PureBlack スティックブレンダー ホワイト THM310-W
B006ZE8G42

離乳食を大量に作って冷凍しておきたい人には向いているかも。私はお味噌汁の具の取り分けで作っていたので、必要ありませんでした。

iwaki おかゆこがま 200ml KMC202-BL
B0012CF4JC

友達がこれでお粥を作っていたそうで、勧められました。が、ネットのレビューでは「洗うのが面倒」という意見もあり、産婦人科の保健師さんも「お鍋でご飯から作るのが一番楽」とのこと。なのでまずは買わずにお鍋で試してみたら、私は特に問題ありませんでした。3回食になってからは、ご飯に水をかけてレンジでチンしても食べてくれたので、お粥を作ったのも賞味3か月くらいのことでしたしね。

あと、お粥などの冷凍保存には、お弁当用の紙カップ+ジップロックコンテナ、と家にあるものを活用。今は野菜やひじきのみじん切りを冷凍していますが、がさーっとジップロックに入れて、端から折って使っています。

なので、離乳食用に買った調理道具はすり鉢のみでした。「『あったら便利』は『なくても大丈夫』」という名言もありますし(小林製薬の立場は……coldsweats01)、まずはなしでやってみるのが私のお勧めです。

2012年9月 6日 (木)

ポリオの予防接種

話題になっているポリオの不活化ワクチン、昨日接種してきました。

私がお世話になっている小児科では、ポリオの予防接種の予約は8月1日から開始でした。メールでお知らせが来ていたのに、なぜか見逃していて、電話したのが8月のなかば。予約番号は80番でした。そのわりに早く順番が回ってきたのは、1歳に近いので優先してもらえたのかもしれません。

病院に行ったら、受付が日曜のスーパー銭湯の脱衣場状態coldsweats02
先生が頑張ってたくさんの接種をこなしてくださっている様子でした。ありがたい!

そもそも私が知っている限りでは、近所にある別の小児科2院では、「不活化を待たずに生ワクチンを接種しなさい」という指導だったそうです。なのでそちらがかかりつけの方は、心配しながら生ワクチンを接種したり、もしくは大枚はたいて輸入物の不活化ワクチンを接種したりしていました。輸入物の不活化ワクチンが接種できる小児科は、予約でいっぱいだったのだとか。私がお世話になっている病院では「待っていい」と言ってもらえたので、助かりました。

予防接種は無事終了しましたが、待合室で病気をもらったのか、息子は帰ってからケンケンという咳をしています。元気そうなので様子見中ですが。こうやって病気になりながら、強くなっていくんだなあcatface

次の予約は1歳の誕生日過ぎで、MRワクチンと同時接種してもらいます。また予防接種の日々が始まりますな。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »