フォト

元スマッチの方々

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

生後47日目

47日って半端な日数ですが……coldsweats01

ご無沙汰しています。生後31日目の一か月健診の日に、夫の実家から自宅に帰ってきました。昨日お宮参りを終えて、少し落ち着いたかなーという感じです。自宅に戻った当初は、とにかくひっきりなしの授乳とおむつの合間に家事をして手いっぱいでした。今は少し授乳やおむつの感覚があくようになってきたかな?(そうでないときもありますが……)

さっそく体の湿疹で小児科デビューも済ませた息子ですが、その他は特に問題なく、育てやすい部類に入るのではないかと思います。そしてなんと言っても可愛いlovely
「これは親バカじゃなくて、本当に可愛いよねー」と夫と言い合っています(これぞ親バカ!)。

日々のお買い物はネットスーパーで、お掃除はルンバで、息抜きはiPhoneで、と文明の利器に頼りっぱなしです。現代に生まれてよかったー。土日の夫が休みの日以外はずーっと息子と2人で家に籠る、という濃厚な日々。産前にも思ったのですが、「意外と私、家もいけるのね」という感じです。いまは育児以外の家事は思いっきり手抜きして、息子との時間を楽しんでいますcatface

2011年11月10日 (木)

2人目

このところ、朝はNHKニュース→カーネーション→あさイチ、とテレビを見ています。昨日のあさイチのテーマは「もっと閉経を語ろう」。10人に1人は45歳には閉経しているんですね。あと、子宮筋腫で子宮を全摘された漫画家さんも出演されていて、筋腫のある私は他人事ではありません。

2人目、妊娠中はまったく考えられませんでしたが、出産があまりに素晴らしい経験だったため、前向きに考えるようになりました。でもアラフォーの私にはタイムリミットが迫っているんですね。今回があまりにも順調だったので、忘れてしまうところでした。明後日が一ヶ月健診なので、家族計画についても聞いてこようと思います。

2011年11月 7日 (月)

母乳増量作戦

息子は落ち着く日があるかと思えば、次の日は大泣き、なんてことを繰り返し……。ある日、ものすごく泣かれた日の夕食にお鍋をいただき、ご飯を茶碗一杯とうどんを一玉程度食べたら、大泣きがぴたっと終わりました。それで「食べる量が不足して、乳が足りなかったんだな〜」ということ気づく。

そう言えば、産院で入院中、毎食どんぶり大のお茶碗のご飯をぺろりと食べていたのを思い出しました(スパゲティにご飯だったときは、さすがに閉口しましたが)。栄養指導でも「とにかく米!」と言われたしなあ。という訳で、毎食茶碗2杯分をノルマとしてご飯を食べることで、大泣きされないくらいの乳がでるようになっています。

息子は昨日からおむつを乳児用からsサイズに変えましたし(新生児サイズだと半ケツになる)、毎日ウンチ最大量記録を更新していますし、日々ぐんぐん成長しています。母ちゃんも頑張るよrock

2011年11月 3日 (木)

初夜泣き・その後

妊娠中に登録していたメールマガジン「そのママ」、毎日楽しみにしていて、とても役に立ちました。産後も不定期で届いていますが、昨日届いたものに、

赤ちゃんがぐんぐん成長する時期には、今までの授乳量では足りなくて、おっぱいを欲しがる回数が増えることがあります。

2~3日ほどすれば、おっぱいの分泌量も増えるため、また間隔が元に戻ってきてくれますよ。

とありました。そうか、それでうちの息子もおっぱいをもっとくれと泣いていたのね、と納得です。

メールの通り、昨日あたりから需要と供給のバランスが取れてきました。私の場合、6日ほどかかりましたが、「吸われると出るようになる」というのは本当だったみたいです。授乳すればするほど興奮していた息子は、元の育てやすい子に戻りました。

夜泣きしたときは、gooベビーで見た「ひたすら背中をトントンしながら、『どんぐりコロコロ』を歌い続ける」というのが役に立ちました(私はお腹をトントン)。寝た姿勢よりも、私が体育座りになって赤ちゃんをお腹に対面になるように座らせると、うまく行くようでした。また本番の夜泣きでも使わせてもらいます。

セレブな友達の家にはハイローベッド&チェア パノラマがあっって、「これがあればよく寝てくれる」と言っていましたが、庶民には高価ですよねsweat01
買うとしたら、せいぜい赤ちゃんけろっとスイッチくらいですかね。

2011年11月 1日 (火)

母乳

昨日、今日の未明も、息子は「乳、乳」とトランス状態に陥りました。その後はいいリズムで授乳できているので、このまま行ってほしい……。

今まで貧乳を散々バカにされてきた私。母乳が出るかどうかは胸の大きさとは関係ないと言いますが、それにも限度があるのでは?と、少し不安でした。が、それはまったくの杞憂で、完母(粉ミルクを足さなくて済む状態)で退院できました。

授乳で大切なのは、乳の大きさより乳首の形でした。入院中、私は看護師さんや保健師さんより「いい形の乳首ね〜」とか「強そうな乳首ね〜」とお褒めいただきました。今まで乳で褒められたことなんてないのに……。確かに今のところ乳首のトラブルはまったくありません。今回妊娠しなければ、自分の乳が授乳向きだとは知らないまま死んでいたであろうので、宝の持ち腐れにならずに済んで良かったです。

あと、母乳で育児したいなら、産院選びをするときに母乳指導が充実しているかどうかチェックすることをお勧めします。私と入院期間がかぶっていた初産の4人は、3人が完母、残りの1人も完母の方向で指導してもらっています。義姉は産院で母乳マッサージをしっかりしてもらえなかったそうで、完母まで苦労していたようです。

自分の分泌物で何かを育てるなんて、またとできない貴重な体験だなーと思います。単純に、乳を懸命に吸う我が子との時間はとっても幸せですしね。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »