フォト

元スマッチの方々

« ごろごろマタニティーライフ | トップページ | 「35歳からのはじめての妊娠・出産」 »

2011年3月 4日 (金)

「結婚したら、やっておくべきお金のこと」

図書館で借りたお金の本、もう1冊はこちら。

結婚したら、やっておくべきお金のこと

中村 芳子
4478007454

結婚後のお金について、具体的な数字や商品が紹介されていて、とても分かりやすかったです。たとえば「手取り月収に占める正常な割合」は以下の通り。

家賃 25%以内
生命保険 5%程度
車費 5%以内
食費 15%以内
通信費 5%
こづかい(共働き) 20%以内
こづかい(片働き) 10%以内
(扶養されている人は5%以内)

ちなみに家に関しては、「住まいは暮らしの大切な一部。お金の損得だけでは決められない」とのこと。中村さんに私も賛成!「頭金は絶対に20%準備」など、堅実な買い方がお勧めされていて、信頼できます。

子どもにかかるお金について、知ることができたのも良かったです。中村さんのお勧めは「なるべく子どもにお金をかけない」。その理由は「お金をかけるほど見返りがほしくなる」からだそうです。なるほど(笑)。中村さんのお母様は「健康ならいいと思っていた」そうで、それくらい大きな気持ちで子育てできるといいなと感じました。

教育費は「子どもが18歳までに大学費用の半分を貯める」を目標に。中学高校の学費はその年の収入で、同じく大学費用の残り半分も親の収入や子どものアルバイト代でまかなえばいい、ということです。大学4年間にかかる費用は、国公立の自宅通学なら500万、私立理系(医科歯科を除く)の自宅外通学なら1200万円。私は600万円を目標に、子ども手当+月1万円を積み立てることを目標にしよう。

« ごろごろマタニティーライフ | トップページ | 「35歳からのはじめての妊娠・出産」 »

住まい以外の本・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499754/39712928

この記事へのトラックバック一覧です: 「結婚したら、やっておくべきお金のこと」:

« ごろごろマタニティーライフ | トップページ | 「35歳からのはじめての妊娠・出産」 »