フォト

元スマッチの方々

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月29日 (火)

自生されると困るもの

Excite Bit コネタで「ご自宅に大麻が自生したら」という記事がありました。植えてはいけない植物というのがあるんですね。皆さんどうぞお気をつけください。

本当に自生することなんてあるの?と思われるかもしれませんが、この記事を読んで思い出した話があります。「近所のおばさん宅の庭に、植えた覚えのない芽が出たので、『何の芽だろう』と思ったおばさんが大切に育てていたら可愛い花が咲いた。そしたら警察が引っこ抜いて行って、おばさんはがっかりしていた」。その花は植えてはいけないほうのけしだったそうです。私が中学生のときに、部活の先生に聞いた話。それにしてもそれを見つけた警察がすごいですね。近所に先例があって警戒していたのか、ケシの花Gメンが存在するのか???

全然関係のない話ですが、私が若かりし頃にアルバイトしていた喫茶店(下町にある、個人経営のちっこいお店)は「ダック」という店名で、店先にドナルドダックの置物を置いていました。ですがあるとき、そのことでディズニーからクレームがあったのだそうです!なんであんなうらぶれた地方の喫茶店に!?ディズニーの執念もGメン並みですな。

2009年9月28日 (月)

楽器を譲渡

数年前までバンドをしていました。一時期は熱心に活動していたのですが、結局挫折。今は音楽とは程遠い生活をしています。

うちでずっと埃をかぶっていた楽器を欲しいという人がいたので、昨日渡してきました。実は「ください」って言われて「いいよ」と答えてからもずっと後悔して、『やっぱり今さら嫌とは言えないよなあ』とか『せめてあげるのじゃなくて貸すことにできないかなあ』とかうじうじと考えていました。でもあげてしまった今は、驚くくらいさっぱりした気分です。そもそもあんな高級楽器(見た目は最高にキュートだけどめちゃくちゃ弾きにくい!)を買ったこと自体が間違いだったのではなかろうか、と楽器のせいにしちゃいけませんが、無理をしていたかつての自分を象徴するような存在だったことが、手放してみてはじめて分かりました。

もらってくれたのは音楽バカで大いに活用してくれそうな人だから、さぞかし楽器も喜んでいることでしょう。食費を削ってでもいくつもバンドをかけもちしている話などを聞くと、青春だなーとは思いますが、自分もあの頃に戻りたいって気持ちにはなりません。だってしんどいもん。ですが私もごく普通の安い楽器を購入して練習を再開してみようかしら、って気持ちには少しなっています。

2009年9月27日 (日)

ガスコンロ周りの掃除

9月も終わりですが、夏みたいに暑い!なので夏の大掃除の続きをしました。

夏の課題だった換気扇の掃除ですが

090927_01

たぶん金色の4つのネジをはずして、まん中の出っ張りを回せば取れるのだろうと予想されます。ですが金色のネジ1つははずれたのですが、残りの3つがとってもかたい!なので換気扇本体はあきらめて、今日はその周辺の掃除をすることにしました。(ちなみに後でペンチを買ってきたら、嘘みたいに簡単にはずれました)

参考にしたのはオレンジページ2009年8月2日号の「オレペ流 『あえて』夏の大そうじ」。図書館で読んでうろ覚えなのですが、はずせるところをはずしてビニール袋に入れる→洗剤をかける→外に出して太陽の熱で汚れ落とし、というような感じだったと思います。なので換気扇フィルターや五徳などをはずして、重曹水をスプレーでかけて外に放置してみました。

090927_02

結構高温になってます。しばらく置いてから水洗いしましたが、汚れの落ち具合はまあまあ、という感じ。重曹水に浸けこんだほうがきれいになるかな?とも思いますが、この方法はものすごく簡単にできるのがいいところです。「1度で完璧に美しく」より「ほどほどの美しさで楽にできる」っていうほうが私には合っているかも。今度換気扇掃除をするときも、同じ方法でやってみようと思います。

090927_03

換気扇カバー(これがかなり汚れていた)も重曹水とウエスでピカピカに。ここまでたどりつくのもわりと大変だったので、換気扇までまとめてやってしまわなくて正解でした。

2009年9月26日 (土)

淡路ワールドパークONOKORO

淡路島に住んでいる友達のところに、バスに乗って遊びに行きました。ランチを食べた後、友達に「どこに行きたい?」って言われたのですが、そもそも何があるかよく分からないし(汗)。そう言えばバスから観覧車が見えたなあ、ってことで淡路ワールドパークONOKOROに連れて行ってもらいました。

090926

施設のウリはミニチュアワールド(本当にちっこい)なのかもしれませんが、個人的にとても面白かったのが兼高かおる旅の記念館です。兼高かおるさん、懐かしい!「兼高かおる世界の旅」のダイジェスト版が見られるのですが、短い映像にそれぞれの国の歴史・文化や人々の生活、そして兼高かおるさんの平和への願いがつまっています。私のおばあさん世代くらいの女性に、こんな素敵な方がいたんだ!と感動しました。家に帰って調べてみたら、いまTBSで再放送しているんですね。明日の朝からぜひ見てみます。

(※追記 TBSでなくて、TBSチャンネル、スカパーに入っていないと見られない番組でしたdespair

施設は全体的に第3セクターっぽいゆるい作りですが、それもそのはず債務超過で民間に無償で運営委託されているらしい。明石海峡大橋の通行料1,000円効果で、これからもなんとか持ちこたえてもらいたいものです。

「お部屋アップグレード大作戦」

an・an 2008年10月22日号を読んだ感想です。

内容は日本・外国のおしゃれ部屋、インテリアグッズ・アイデア紹介、読者の部屋改造、という王道パターン。

日本人のおしゃれ部屋も頑張っていますが、いつも思うのが外国の人の部屋ってなんであんなに垢抜けているんでしょうね?デザイナーさんの家をセレクトしているからっていうのもありますが、物がたくさんあっても全然雑然としていません。「海外のお部屋をお手本に」って記事ですが、マネしたいっていうレベルを超えて「文化の問題」という気もします。

読者のカオス部屋改造、アドバイザーのインテリアスタイリストさん曰く、「私も本当は収納下手なんです」。収納アドバイザーの人ってなぜか「収納下手」アピールをしがちな気がします(近藤典子さんとか)。とても上手なのになんでかなあ?下手っていうのは汚部屋に住んでいるような人のことを指すのではないかと私は思うのですが。

今回のお部屋改造には「改造明細」なるものがついていて、改造に使った金額が分かるようになっています。ですがビフォーとアフターの写真を見比べると、明らかに明細に記載されていないものが追加されている???記載されていたものだけを合計して50,431円ですが、実際のところいくらかかったのかがすごく気になります。お部屋の持ち主(美容師さん)は「予算も手の届く範囲だったのが嬉しい」とおっしゃっていますが、5万強って時点で結構な大金ですよね。収納にはお金がかかるものなんだなあ、ということを改めて感じました。

2009年9月25日 (金)

独女のマンション購入

いつも見ている「独女通信」、今日は「独女のマンション購入、本当に正しい選択なのか?」というタイトルだったのでわくわくして読んでみたら、中途半端な宣伝記事でした。なーんだ。

私自身のマンション購入が「正しい選択か」、と語るにはまだ早い気がしますが、今は「買ってよかったなー」と思っています。

よくある「賃貸か?購入か?」という命題ですが、私にはどちらがいいともよく分かりません。ただ「家賃並みでマンション購入」っていう宣伝文句は眉唾だなあと思います。修繕積立金は値上がりしていくものだし、修繕費が足りなければ一時金の支払いも必要かもしれないし、これから賃貸の相場がどうなるか分からないし、よくあるシミュレーションのグラフが妥当かどうか、私にはよく分かりません。さらに最悪の事態を想定すれば、地震や耐震偽装で2重ローンなんてこともあるかもしれないし。私のマンション購入が金銭的に得か損か、判明するのはまだまだ先のことです。

上記の記事に書かれているように、金銭的に余裕がない、っていうのは確かにあります。特に私ははやく借金を清算したいと思って、できるだけ繰り上げ返済にお金を回そうとしているので。「定年までに払い終えたらいいわ」っていう気持ちでのんびり返していくなら、それほど苦しくないのかもしれません。

それでも私がマンションを購入してよかったなーと感じているのは、「幸せな時間を買ったんだ」と思っているからです。マンション購入によって得られた経験とか、マンションを購入した喜びとか、マンションで過ごす快適な時間はプライスレス!たとえ金銭的に損をしてもいいか、ってくらいの幸せは既に手に入れた気がします。

あともうひとつ、今の彼氏とお付き合いできたのは、新居に越してきて運が開けたからじゃないか?って信じているところがあるから、というのも大きいです。これこそまさにプライスレス(笑)。

とにかく、金銭的な損得だけで「正しい」とか「正しくない」とか軽々しく言うなよっangryというのが今日の日記で書きたかったことです。

2009年9月23日 (水)

買い物

本日来てくれるはずだった友達ですが、「風邪気味で、インフルエンザだったら困るから」と会うのは延期になりました。また治ったら連絡くれるそうです。

なので今日は当初の予定通り、ひとりでショッピング。秋服を買おうと思っていたのですが、いつも行っているお店が「水曜定休」でお休みでした。えー、祝日なのに!?とびっくりしましたが、店員さんの福利厚生を大切にするのはいいことですよね。また改めて買いに行きます。

本日買ったものはこちら。

090223

左は無印のミルクピッチャー。友達が来てミルクティーを出すときに、今までは牛乳パックそのままだったので、それはまずいと思い購入しました。イメージしていたのはボーンチャイナクリーマーみたいな形でしたが、ちょっと大きすぎたのでこちらに。多分もうすぐ無印良品週間ですが(例年10月上旬にあるみたいです)、38円の差ならまあいいかな。

無印の新しい冷蔵庫も見てきましたが、やっぱり私には冷凍庫が大きすぎるなあ。新商品ブログで見たタモ材ソファはまだ置いていませんでした。今までにないタイプなので気になります(買わないけど)。

右はセゾンファクトリーのフルーツソース。毎朝ヨーグルトにかけて食べています。ネットで買うと送料がかかるので、街に出るときに百貨店で購入しています。とてもおいしいんですが、ビンが長くて底のほうが取りにくいのはどうにかしてほしいです(無印のシリコーンジャムスプーンを使っていますが、これでもちょっと苦しい)。

それにしても、おなかが空いているときにデパ地下に行くのは危険ですね。何もかもがおいしそうでしたが、見ないようにして帰りました。

2009年9月22日 (火)

ベランダ掃除

昨晩友達から連絡が入って、明日我が家に来てもらうことになりました。人が来てくれるときって掃除のチャンスですよね。このブログを始めてから家の中はわりときれいにしているので、友達に見られて一番困るところは?と考えて思い浮かんだのは「ベランダ」。ベランダは時々濡れ新聞をまいて掃き掃除していますが、床が黒ずんで汚いのです。(ここから汚い写真が出てきます。すみません)

入居時にもらった「ご入居説明書」では、「バルコニーなどの利用方法」としてこう書いています。

バルコニーの床は、コンクリート仕上げが一般的です。塩ビシート貼りであっても「防水」ではないので、多量に水を流すと漏水の原因になります

水を流して掃除しちゃいけないんですね。私が参考にしたのは「重曹・酢・石けんでナチュラルおそうじ」という本の、水がまけない玄関のたたきの掃除方法です。

たたきに重曹をまいてぬらしたデッキブラシで汚れをこすったら、砂ボコリや泥とともにちりとりに取って捨てます

ではやってみましょう!まずは重曹をふりふり。

090922_01

水で濡らしたデッキブラシ(無印の浴室用ブラシ)でこすってみると……。

090922_02

こすったところだけ汚れが取れましたが、周りがよけいに黒くなりました(汗)。しばらくこのまま格闘するも、うまくきれいになりません。この方法で掃除するには、うちのベランダは汚れ過ぎていたみたいです。こうなったら、水流しちゃえ!バケツで水をまいて(できるだけ少なめに)、デッキブラシでごしごし。

090922_03

水ができるだけ排水溝に流れるようにこすりましたが、まだ黒い水が残っています。このまま乾いたらよけい汚くなりそうだ(汗)。最後にぞうきんで水を拭き取ることにしました。

090922_04

ムラになりましたが、まあ今日はこの辺で。元の状態よりはずいぶんきれいになりました。

ベランダは少しくらいなら水をまいてもいいものなのでしょうか。水をざばーっと流して掃除したら、もっときれいになりそうなんですけどね。今度はベランダの壁掃除(3枚目の写真に少し写っています)をしようと思います。

2009年9月21日 (月)

「完全収納に挑戦!」

クロワッサン 2008年 9/25号 [雑誌]
B001F091JA

面白かったのは「専門家に聞く 片づけられない間取り、片づけられる間取り」。建築家の中谷俊治さんによると、日本の家庭は他国に比べて物の数・種類が多いので、「見せる」収納は上級編で「隠す」収納が基本。理想は奥行き35~40cmの「集約一覧型」の収納、ということでした。例として出てきたのが、自由が丘の家。1階の壁一面が壁面収納になっています。調布の家はリビングの一部がキッズルームになっていて、成長したら間仕切りできるようになっています。どちらも素敵な間取りですが、その前にこんなに大きな一戸建てを持てる甲斐性が羨ましい……。

「マンション・住宅メーカーの収納はどこまで進化しているのか」という記事では、近藤典子さんとのコラボレーションで建てられたケーススタディーハウス横浜が紹介されていました。リビングのテレビ裏の収納スペースだとか家事道具の揃うバックヤードとか、さすが近藤典子さんだなあ、という感じ。こういう素敵な一戸建てを見ていると、注文住宅で思い通りの家を建てたい!という人の気持ちが分かる気がします。

お片づけ系の記事では「エコ感覚を取り入れて、阿部絢子さんの収納カウンセリング」。その家庭では当然のようになっていることも、他人の目で見るといろいろ改善できるものだなあ、と感じました。結局、一番大事なのは捨てることのようです。

モノ・ボックスがちょっと気になる

ザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】
ザ・ビートルズ
B002FVPL9W

今さらながら「ザ・ビートルズ・モノ・ボックス」(初回生産限定盤)がちょっと気になります。ビートルズおたくだった時代があったもので。

日本のAmazonでは既に売り切れて、マーケットプレイスでプレミアついています(39,800円→47,690円)。日本の発売元、EMIミュージックのネットショップでは在庫わずか、で「商品のお届けは10月中旬以降」だそうです(増産中?)。

イギリスのAmazonが激安と今年のはじめに話題だったので、そちらも覗いてみました。イギリスのAmazonの£199.98はYahoo!ファイナンスで調べてみると3万円弱くらい。アメリカのAmazonのほうが安くて、$229.99は2万円強です。興味がある方は「Amazon.comで買い物する方法」というサイトがあったので、そちらをご参考に。

39,800円は高いですが、2万円強ならCD11タイトル13枚分の金額として妥当な気がします。モノラル盤だけなぜか限定だしバラ売りしていないし。けどまあ結局はコレクターズアイテムという気もするので、やっぱり買わないかな(とか言いつつ買っているかもしれませんが……)。

2009年9月19日 (土)

「だまし絵」見てきました

兵庫県立美術館のだまし絵展に行ってきました。家族連れを避けようと午後4時頃に到着しましたが、駐車場は満車。チケット売り場は並ばずに買うことができましたが、中は結構な人混みでした。若い人のグループやカップルが多かった気がします。

最初に展示されていたのが、ちらしにもなっていた「ウェルトゥムヌス」。彼氏はこの絵を最初に遠目で見たそうで、人間にしか見えなかったそうです。だから今も「人間にしか見えない」。刷り込みってあるんですねえ。絵の説明には「皇帝への敬意」うんぬんというように書かれていましたが、野菜=敬意という図式もすごい。

だまし絵展では状差しの絵も何枚か展示されていました(たとえば「美の巨人たち」で紹介されているようなもの)。昔の貴族は「ねえ、本物やと思った?」とか言って喜んでいたんでしょうか。あんな絵を飾ると、部屋が雑然としそうでちょっと嫌かも。

個人的にはエッシャーのリトグラフが一番面白かったです。見れば見るほど不思議。あと即興かげぼしづくしも笑えました。できれば人が少ないときにじっくり見たかったな。

リモコン

部屋の中のリモコン問題。たとえば我が家のリビングには現在、テレビとDVDレコーダーとエアコンと扇風機のリモコンがあります。我が家ではエアコンはそんなに使わないし、扇風機は使用頻度が高いけどリモコンを使うほどの距離でもないので、どちらもダイニングテーブルの引き出しに入れています。

テレビとDVDレコーダーはこんな感じでローテーブルの上に。

090918_01

ローテーブルにも引き出しがあるので最初はしまおうかとも思ったのですが、特にテレビは時計代わりに毎朝見るのでしまうのが面倒くさい。DVDレコーダーは使用頻度が低いので毎回リモコンをしまおうと思ってはいるのですが、ついつい放置しがちです。で、ローテーブルに2つのリモコンが並んでいることが多々ありました。

先日ふと気づいたのですが、

090918_02

DVDレコーダーに「TV電源」ボタンがある!我が家のテレビはNHK総合にほぼ固定なので、電源ボタンさえあればたいてい事足ります。そのうえ電源ボタンの下には「TV」ボタンがあり、これを押した状態だとチャンネルを変えるなどの動作も普通にできました。我が家はどちらもソニー製品ですが、他社製品でもリモコンに登録すれば使えるようです。

という訳で、我が家で常時放置されているリモコンを1つにすることができました。おしゃれリモコン(amadanaのみたいな)が元からついているTVがあれば、売れる気がするんだけどなあ。

2009年9月16日 (水)

だまし絵

スマッチ!今週のお題、「シルバーウィークの予定を教えて!」にトラックバック。彼氏と兵庫県立美術館に、「だまし絵」を見に行きます。

行こうと言い出したのは、普段は美術館なんて興味のない彼氏からです。そう言えば妹(同じく絵に興味がない人)も行きたいって言っていたな。
私「で、あのポスターの絵(ウェルトゥムヌス)って何にだまされるの?」
妹「人間やと思ったら野菜やった!みたいな」
私には「人型に集めた野菜」にしか見えないぞ。

「だまし絵」展ブログによると、15日で5万人が訪れたそうです。チケット売り場の様子もすごい。みんな案外だまされたいんですね。連休中の人もすごそうなので、閉館前を狙って行こうかな。

2009年9月15日 (火)

貧血の薬その後

以前に「貧血の薬」という日記を書いたので、ときどき「ファイチ マスチゲン」で検索して訪問してくださる方がいらっしゃいます。皆さんどちらがいいか悩んでいるんですね。私が飲んでいるのはマスチゲンなので、飲んで半月未満ですが感想を書きます。

まだ半月経っていませんが、お試し用が16日分で販売されているので、それくらいで効果を実感できるということなんでしょう。実際に私も体のだるさがましになっているような気がします。一番効果を感じるのが仕事からの帰り道。以前は駅から自宅までの道のりがしんどくて、のそのそと歩いていました。今では朝と同じくらいきびきびと歩くことができて嬉しいです。

マスチゲンは1日2回飲まなきゃいけませんが、今のところは続いています。ときどき飲むのを忘れてしまいますが、まあそれほど神経質になることはないかなあと。ただしカフェインが鉄の吸収を妨げるそうで、服用の前後30分はコーヒー・お茶を飲めません。飲めないと困るって方は1日1回の服用ですむファイチのほうがいいかもしれません(ちなみに私はウーロン茶派で、ウーロン茶は飲んでも良いとマスチゲンの説明書には書いていました)。

11月の人間ドッグではたして貧血のCが解消されているか、またレポートします!

2009年9月14日 (月)

無印良品の冷蔵庫

この週末に無印のネットストアを覗いてみると、冷蔵庫のニューバージョンが出ている!たとえば現在137Lサイズは2バージョンありまして、旧型は東芝製で29,800円、新型は三洋製で37,800円です(メーカーは取扱説明書を見れば分かります)。値段は結構違いますが、新型はエコポイントが3,000ポイントと、買い換えでリサイクルするなら5,000円ポイント付くので、買い換えなら差はないってことになります。

私が狙っている250L前後のタイプ(78,999円)は、三洋が出している&Smart SR-D27Rと見た目がそっくり(ハンドル部分の素材が違う)。これなら家電量販店のほうが安く買えていいかもしれません。あと冷蔵室170L・冷凍室100Lと、私が理想とするよりもやはり冷凍室が大きいです。東芝のがニューモデルで出たら購入を考えようと思っていた私にとってはちょっと残念。東芝のWebサイトを見ると、300L以下の冷蔵庫からほぼ撤退のようなので、まあ仕方がありませんね。

冷蔵庫探しはまたふりだしに戻ったのでした。

妻の部屋

ひろぽんさんも書かれていた夫婦の寝室問題(元ネタは「休日に一緒にいる時間と夫婦の寝室の関係」と「幸せの秘訣は別々のベッド?」)。私は「別々のベッド」の記事だけを読んで、「彼氏が実は不眠だったらどうしよう?」とちょっと心配になっていたのでした(ちなみに私は「のび太君」なんで全然大丈夫)。彼氏と付き合い始めた頃は、私の家に彼氏が泊まるときはシングルベッドで2人寝ていたので、私の寝ぞうの悪さのため彼氏にずいぶん苦労をかけました(起きたら90度回転しているときとかあったし……)。今はシングルベッドを1つ追加したので大丈夫、と思いたい。

今日は大学時代の友達とランチをしました。メンバーは既婚女子2名(2児の母と妊婦)と独身女子2名(彼氏ナシと私)です。彼氏ナシの友達が言うには「私は他人と暮らす自信がない」。私が「同じこと心配していたけど、全然大丈夫よー」と答えると、2児の母も賛同してくれました。ですが妊婦の友達は「夫と結婚前に同棲したとき体調を崩した。今考えるとストレスからだったと思う」。さらにその友達は、「結婚するとき『自分の部屋がほしい』と言ったけど、彼に反対されて持てなかった」ということです。こういう人もいるものなんですね。

こういうことを単なる個人差ととらえてもらえればいいのでしょうが、愛情の問題と思われてしまうとちょっと大変です。現に友達も「帰ってほしい」とか「自分の部屋がほしい」と言ったときに、相手に悲しい顔をされて罪悪感を感じたのだとか。たしかに私も実際にそんなことを言われると、不安になってしまいそうかも。「別々のベッド」の記事は「現実は、愛にとってさまざまな試練を与えているようだ」と締めていますが、まあそういうことなんですかね。

2009年9月12日 (土)

カレーうどん

我が家の冷凍庫には食パンしか入っていませんでした。今まで「買った食材は冷蔵庫で保管できる範囲で食べきる」という生活をしてきたからです。ですが最近は彼氏宅でご飯を食べることが主で、たまに自分の家で作ると残った野菜を腐らせてしまう、ということが度々ありました。2人で食べるのがデフォルトになると、自分1人分の料理ってやる気が起こらないし。

そんなときにたまたま見かけたのが、「きょうの料理」の「夏休み!冷凍して楽々ランチ」です。特にスタミナカレーうどんが野菜たっぷりでおいしそう!そこで先週の週末に作ってみました。材料ににらが1/2ワ、たまねぎ1/2コとあったので、『これは4人前作った方が野菜が使いきれていいぞ』とよくばったら、量が多すぎてうまく混ぜられなくて失敗。2人前ずつ2回に分けて作れば良かった……。(ちなみにスタミナカレーうどんのレシピに「4週間分掲載しています」とありますがとっくに過ぎているので、近いうちに消えてしまうかも。興味がある方はコピーして保存しておいてください)

で、今日のお昼に食べてみました。

20090912

個人的には、カレーうどんはもうちょっと和風でがつんとした味のほうが好みかな。うまく混ざっていなかったせいもあるかもしれませんが。今日はそのまま食べたので、次はうどんを入れる前に味を整えようと思います。

それにしても、温めるだけで食べられるものが冷凍庫に入っていると便利ですね。レパートリーを増やしていきたいです。

2009年9月10日 (木)

僕の家ではないけれど

「あゝ、家が建つ家が建つ」は中原中也の「はるかぜ」ですが、我がマンションのすぐ近くに戸建が建設中です。そして職場の最寄駅前に建設中のマンションは、来年2月に竣工予定。以前なら特に気にならなかったのですが、この物件にも不二和良さんのように完成を待ち望んでいる方がいらっしゃるんだなあ、と施主さんや入居する方の気持ちを身近に感じます。

私は建築済み物件を購入したので、完成までのドキドキ感を持ったことがありません。タワーマンションだとしばたさんのように入居まで2年半なんてこともあるんですね。そんなに長い間ドキドキワクワクできるって羨ましいですhappy01

彼氏宅近くの竣工済みのマンションは、駅前でチラシを配っていて、今日は2度目のティッシュをいただきました(すみません)。小規模マンションですが、チラシによると販売戸数は総戸数の3分の1ほど。厳しいなあ。これも入居者の方はドキドキでしょう。チラシによると「家賃並み」「液晶テレビ進呈」「商品券進呈」「紹介キャンペーン」と、めいっぱい頑張っているようです。僕の家ではないけれど、早く完売してくれるといいな。

2009年9月 9日 (水)

「使える!照明で健康になる法」

本日のためしてガッテン、テーマは照明。赤っぽい色の照明の効果は「白内障の人にもまぶしく感じない」「胃の働きが活発になる」「眠りが深くなる」など、白っぽい照明に圧勝でした。白っぽい照明は味に敏感になれるので、キッチンには向いているそうです。

我が家の寝室は白熱灯なので、これは正解でした(私の寝つきの良さは、彼氏に「のび太君」と言わしめるほどです)。キッチンは購入した時のままですが、白っぽいのでこれも正解。リビングダイニングは昼白色の蛍光灯、つまり白っぽい照明です。彼氏曰く、リビングダイニングは「活動する場所なので明るいほうがいい」とのこと。私の妹も我が家の寝室の白熱灯を見て「この照明嫌い!」と言っていました。このへんは好みの問題も大きいですよね。

私が白内障になったら照明の色を変えさせてもらおう……。

2009年9月 8日 (火)

「苺をつぶしながら」

苺をつぶしながら
4062141280

三部作の一番最後です。「言い寄る」のテーマが「恋愛」、「私的生活」のテーマが「結婚」で、「苺をつぶしながら」のテーマは「離婚」かな?と読み進めると、意外にも「友情」でした。

2作目を読み終えたときは、離婚した後の乃里子は寂しい毎日を送っているんじゃないかと心配でした。ですがこの作品の乃里子は、よき同性の友達ができて、異性の友達にもモテモテで、とっても楽しそう。それも、離婚を経験したからこそ築ける、大人の友情です。あやうく『こんなに毎日が楽しいなら離婚もいいかも』なんて気持ちになってしまいそうですが、乃里子のモノローグにこんなのがあります。ちょっと長いけど引用。

でもそれでも、「結婚」と同棲は違う、「結婚」のほうがイザ別れるときはズッとむつかしい。――べつに、500人も出席した盛んな結婚式をあげたから、というんじゃなく、「結婚」のうしろには何百年もの伝統的気構えというのがあり、こいつと一戦交えるのが大変なんだ、だからよくよく考えて、よっぽど相性がよいと見きわめた場合に限る。1人で伝統と戦うのはエネルギーが要るから

こういうハッとするような部分があちこちに散りばめられているのも、田辺聖子の小説が好きな理由のひとつです。

ゆりやまさんは三部作の中でこの「苺をつぶしながら」が一番好きだそうでが、三部作の中でどれが好きか?というのが「女の到達度」を表している気がします。私は2作目が一番面白く感じたので、まだレベル2かな。次に私が読み返したときにどの作品を1番だと思うか、楽しみです。

2009年9月 7日 (月)

節約時代のキッチン革命!

saita (サイタ) 2009年 09月号 [雑誌]
B002IEVR9Y

珍しく雑誌の最新号の感想を書くぞ!と思っていたのですが、本日10月号が発売されたようです。がっかり。図書館では最新号は貸してくれないので、昨日館内で閲覧したものです。

記事の中では「『調理スペースが狭い!』を解決するキッチン収納改造」というのが面白かったです。一般家庭のキッチンを、プロが改善するビフォー&アフターものです。収納を改善するために収納グッズを次々買い足していくうちに、よけいに狭くなってしまうという悪循環。私も気をつけよう。

意外だったのが、キッチンツールを壁に吊るすよりも、ツールスタンドに立てた方がすっきり見えたこと(このステンレスのツールスタンド、確か有元葉子さんの本で見かけたことがあるなあと思って見ていたのですが、家に帰ってネットで検索してみたらご本人プロデュースでした。商売上手!)。もし壁に吊るすなら、見た目の良いキッチンツールで、なおかつテイストを揃えなきゃいけないのかも、と思いました。なんだか私もキッチンツールを立てたくなったぞ(ちなみに今は1つの引き出しにぐちゃぐちゃと入れています)。

2009年9月 6日 (日)

リビングのカーテン洗濯

遅ればせながら、夏の大掃除第1弾です。

カーテンをはずして、洗濯機で普通モードで洗って、その間に窓とサッシを拭いて(内側だけ。外はまた別の日に)、脱水できたカーテンをそのまま吊るして、終わり。思っていたより簡単でした。脚立のお陰かな。脱水後のカーテンはそれほど重くなかったし、アイロンをかけていないので少ししわになりましたが、私には許容範囲です。

この家に入るときに購入したもので、一番高かったのは意外にもカーテンでした。リビングと洋室2箇所、全部の窓が規格外ですから。リビングは大きい窓だから仕方がないかもしれませんが、洋室の窓は規格にあるものをつけてくれたら市販のカーテンがつけられたのになあ。入居前にデベから届いたオプションの見積もりではなんと20万円以上となっていました。結局、自分で採寸して無印でオーダーしたので10万円くらいで購入できましたが。そんなにおいそれと買い替えられる金額ではないので、大切に使わないと。

2009年9月 5日 (土)

ブラトップ

今日は男子にはどうでもいい話です。

先日遅ればせながらユニクロでブラトップを購入しました。私は肌が弱くて、夏はブラジャーの肌にあたる部分が汗でかぶれてしまいます。なので土日だけでもブラジャーから解放されたいというのが購入の理由です。

買ってみてあまりに楽でびっくり。締め付けるものがないっていいですね。露出部分も多いので、Tシャツなんかよりも涼しく感じます。あととても嬉しいのが、ネットを使用すれば洗濯機でじゃぶじゃぶ洗えるところです。

逆に残念だったのは、ブラトップ1枚で近所に買い物くらいなら行けるかな?と思っていましたが、下着っぽいので私には無理でした。色と形のせいかなあとも思いますが(ちなみに購入したのはタンクトップのグレーと黒の2枚)。来年はボーダーを試してみようかな。あと私は胸がちっこいので、カップの大きさが余ります。上から服を着ると上げ底しているみたいで少し恥ずかしい(笑)。実際より大きく見せるとすみませんって気持ちになるのは私だけ?

明日まで期間限定価格ですので、興味のある女子は一度試してみてください。

憧れの家具

憧れの家具、私は「作りつけの壁面収納」です。

普通の置く家具だと、どうしても上とか裏とかにほこりが溜まりますよね。特にキッチンでは、油とほこりがまじったギトギト汚れになりがちです。壁一面の収納にしてしまえば、掃除が楽そうでいいなーと思います。

それに地震が起きても家具が転倒する心配がないっていいですよね。「ためしてガッテン」でも家具の固定を勧めていますが、つっぱり棒って見た目もいまいち。このままじゃ良くないなーと思いつつも放置しています。キッチンはわりと高いところに電子レンジやトースターを置いているので、これも改善したいところです。

もちろん壁面収納と言えば、大容量も魅力です。我が家のキッチンはカトラリーを入れるような小さな引き出しが1つしかないのが不便。という訳で、将来キッチンをリフォームするようなことがあれば、是非とも壁面収納を取り入れたいものです。

壁一面とは違いますが、無印良品で「壁に付けられる家具」っていうのが発売されました。さすが無印、いいところに目をつけるなあ。

******

<追記>

「壁につけられる家具」で検索して来られる方がいらっしゃるようなので。取り付けレポートを石川英一さんが書かれています。ぜひご参考に!

2009年9月 4日 (金)

電球型蛍光灯

洗面所とお風呂の電球を、電球型蛍光灯に変えました。LED電球も購入候補でしたが、まだ高いので次替えるときでいいかな、と思ったのです。が、今調べてみたら、4万時間使った場合を考えると、LED電球のほうが安いそうです。がっくり。買い物にはちゃんと下調べが必要ですね。

使用感ですが、やはり点灯してすぐは暗いです。夏でこれだから、冬だともっと明るくなるのに時間がかかるのでしょう。ちなみに補助の白熱灯付きですぐに明るくなるようにしたタイプも売っていますが、補助の明かりが消えたときに一段暗くなるように感じる、とどこかで読んだことがあるのでやめておきました。

明るさがMAXになった後の電球型蛍光灯は、電球色でも白熱灯よりも明るく感じます。白熱灯の雰囲気が好きな方にはもの足りないでしょうが、明るいのが好きな彼氏が喜んでくれたので良かったです。LEDは明るさの面では発展途上のようなので、やはりもう少し待つのが我が家には正解かも。

2009年9月 2日 (水)

貧血の薬

仕事の福利厚生で、11月に人間ドッグを受けます。前に受けたときに貧血がC(要治療)になっていたのですが、何もせずにほおったままでした。ドッグまでになんとかせねば。

前にサプリメントをしばらく飲んだのですが、飲み忘れが続いて結局フェードアウトしてしまいました。今度はちゃんとお薬にしよう、と最寄駅近くの薬局に行ったところ、並んでいたのがファイチ(小林製薬)とマスチゲン(日本臓器製薬)。パッケージを見ても、どちらを買えばいいのかいまいち分かりません。そこで掃除中の薬剤師のお姉さんを捕まえて、「どう違うんですか?」と尋ねてみました。

お姉さんはパッケージの裏の成分表示を見つつ、説明してくださいました。なるほど、薬ってそうやって見るのか(私は表ばかり見比べていました)。お姉さん曰く、どちらも貧血に効果のある薬ですが、ファイチの長所は鉄分・葉酸が多いこと、マスチゲンの長所は鉄分以外にカルシウムやビタミンも入っていること、だそうです。分かりやすい!薬がネットで買えなくなったのは少し不便ですが、対面販売の良さを感じた出来事でした。

どっちも良さそうなので、結局は値段を決め手に、あとパッケージの「防腐剤無添加」という言葉にひかれてマスチゲンにしました。帰ってから気がついて残念だったのが、ファイチだと1日1回の服用でいいのですが、マスチゲンは2回になっていることです。次はファイチにしようかな。その前にちゃんと1瓶、飲み切らないといけませんが。

2009年9月 1日 (火)

9月の手ぬぐい

090901

かまわぬの菊の手ぬぐいです。1色刷りのためか、今まで買った2枚よりもお手頃価格。「ヒラメとカレイ」も可愛くて捨てがたかったのですが、今回はちょっと大人っぽいものを選びました。

落ち着いた雰囲気になったのはデザインのおかげもありますが、色が大きいかなーと思います。地の色が壁の色に近いし、菊の色も手ぬぐいの上下をはさんでいるタペストリー棒とトーンが近いです。すでに部屋にある色と揃えればなじみやすい、というのを実感しました。

本日のおしゃれ経費
手ぬぐい(大菊づくし)   945円

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »