フォト

元スマッチの方々

« 「片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術」 | トップページ | 押入れの布団収納 »

2009年6月12日 (金)

購入記(9) 現地モデルルーム、再び

2005年10月はじめ、カリスマ営業マンNさんと小規模マンションの現地モデルルームを訪れました。前回の見学から半月ほど後のことです。前回私を担当してくれたおねえさん(私と同い年のマイペースな方)は他の物件に移ったそうで、私より少し若めのおにいさんが対応してくださいました。

前に行ったときに購入候補に挙げた4階の物件は売れてしまい、同じ間取りだと1階と6階(最上階)しか残っていません。1階はナシ(南に古いマンションがあって、いくら眺望にはこだわらないと言えどもちょっと……)なので6階。となると購入額は少し上がってしまいます。

Nさんは入念に現地モデルルームを見て回ります。営業のおにいさんに「いかがですか?」と声をかけられても、Nさん返すのは「普通や」だけ。Nさんちょっと怖いんですけど……。Nさんの求めでおにいさんが設計図書を取りに行っている間に、Nさんは「コストを下げるために設備が少し古い型だけど、使い勝手は問題ないだろう」ということを私に教えてくれました。営業さんは設計図書を持って来て、そそくさと別室へ。Nさんはぶっとい設計図書を時々ぶつくさいいながら一生懸命見てくださいます。手持ち無沙汰な私は、LDKをうろうろして至るところを開けたり閉めたり。

ふたたび戻ってきたおにいさんに、修繕積立金で結構な金額の一時金が予定されていることや、立体駐車場の契約が思うほど伸びていないことなど、Nさんは鋭くつっこみます(やっぱり怖い)。おにいさん可哀そう、と思いきや、今度はNさんうまいことおにいさんの営業力を持ち上げて、最後にはおにいさんも「前の担当(私と同い年のお姉さん)にケイさんに連絡するよう言っても、自分のやり方があるってスネるんですよねー」などとNさんにグチを打ち明けるまでになっていました(笑)。

おにいさんに「また連絡する」とモデルルームを出たNさん、「あれなら300万は引いてもらえるだろう」って。それなら購入したい!価格交渉はもちろんNさんにおまかせです。これで決まりかー、と私は新居の生活に思いをはせてにまにま。

……だったのですが、結局このマンションも購入には至らなかったのです。

« 「片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術」 | トップページ | 押入れの布団収納 »

マンション購入」カテゴリの記事

コメント

ケイ様引っ張りますね・・。続きを読むのが楽しみです。しかし契約まで様々なエピソードがあり他人様の購入記は面白いですね。それとN氏は、ユニークな方ですね。

◆こじまさん自分でもここまで引っ張るとは思っていませんでしたpenguinあと2回くらいで今住んでいるマンションが登場するかも。個人的にはゆりやまゆりおさんが、スマッチブログで続きの気になるNo.1です。Nさん面白いですよね。このブログを書くために思いだしていると、また会ってみたくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499754/39712312

この記事へのトラックバック一覧です: 購入記(9) 現地モデルルーム、再び:

« 「片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術」 | トップページ | 押入れの布団収納 »